1. Index Index
  2. 記事一覧
  3. 風俗嬢に「タイプかも」と言われてドキッとした話

風俗嬢に「タイプかも」と言われてドキッとした話

その他

頭ではわかっていても、ついつい期待してしまう事ってありますよね。女の子の言う「かっこいい」とか、「好きになっちゃいそう」とか。
お世辞だってわかっているんですけど、そう言われたとたん相手のことが気になってしまいます。きっと女の子も、こう言っておけばいろいろ自分に良くしてもらえるというのがわかっていて計算して言っているんじゃないでしょうか。
男よりも女の方がそのあたりは上手ですからね。

でも、やっぱり言われれば嬉しいものです。この前なんて、風俗嬢に「お兄さん私の好みのタイプかも」なんて言われてドキっとしてしまいました。
その女の子は大人っぽいの美人系の子で、どちらかと言うと妹系やかわいい系が好きな自分にとってはタイプとは言えない子でした。でも、美人な事は間違いないので、美人からタイプだなんて言われれば舞い上がってしまいます。頭の中で「営業だろ」という気持ちと、「いやいやひょっとしたら」なんていう気持ちが交錯してテンパってしまいました。

その言葉の力も手伝ってか、今までにないくらい興奮してしまって60分コースなのに2回も…。そこでまた、「元気な男の人ってますますタイプ」なんて言われてしまったものだからもうどうしたらいいのか。ここまで言われるとさすがにこれは本気なんじゃないかという気さえしてしまいました。

でも、プレイ後はあっさりしたもので、また指名してねとお決まりの言葉をもらって終了。やっぱり営業だったのか…とちょっと肩を落として見送ろうとしたら、最後に女の子から「できればお客さんじゃないところで知り合いたかったな」なんて言われてしまったのです。
もう完全に彼女の策略にはまってしまいました。

その日から毎日、その子が出勤しているのかどうかをお店のホームページで確認してしまっている自分が居ます。
そんなに頻繁に利用できるほど余裕はなかったのですが、それからは週1くらいで通っていました。 それこそ他は切り詰めて。 平日の出勤が多い子だったので、仕事が早く終わった日に指名予約して入る感じですね。

タイプでもない子にここまで入れあげてしまったのははじめてでした。 どうこうなれるという期待はありませんでしたが、それでも会っている間は恋人みたいに楽しんでも良いですよ。
女の子が放つ自分に気のあるようなセリフって男をその気にさせる魔法だと思います。 この掌で転がされている感もまた、心地よかったりして癖になっている今日この頃です。

  • 前の記事