1. Index Index
  2. 記事一覧
  3. ソープ遊びの代名詞!マットプレイって気持ちいいの?

ソープ遊びの代名詞!マットプレイって気持ちいいの?

ソープ

三度の飯よりソープ好き、そんな極端すぎる男性はそこまで多くないはず。でもいるんですね、世界はやっぱり広くて、風俗通のおじさん、兄さんはやっぱりデリヘル、ヘルスより本番許容が可能なソープに恋焦がれ……。

そんな変態スケベ兄さんたちが思う、意外なソープの事実。マットプレイという秘儀。ソープは泡姫たちと挿入を伴ったプレイができる為、マットプレイに意識を向けるお客さんはあまり多くないのですが、実はこれとってもいいんですよ。

マットプレイはソープで行われてきた伝統プレイの一つであり、あの海やプールに浮かべるビニールより耐久性をググンとアップさせたマットに男性を寝かしつけて、ローションをたっぷり塗りたくるエッチなプレイ。
皆さんもAVで見たことがあると思いますが、シルバー、ブルーのマットに横たわりペニスをギンギンにおったて、その上をソープ嬢がまるでタコのように動き、身体と身体を密着させるベタベタのプレイのこと。

その妖艶で不可思議な動きから、伝統的にマットプレイは阿波踊りと呼ばれてきました。今現在はその人気にあやかりソープ以外でもマットローションプレイを導入している風俗店もありますが、ソープはマットプレイに対しての情熱がまさに天下一品。
女性の肌が男性に張り付き、スベスベでどこか人肌暖かなローション、そして笑みを浮かべながらプレイに興じる女性を下から覗く臨場感……。それはまさにソープならではの光景。

マットプレイでは手足、オッパイを最大限フル活用してペニスを責め立てます。
パイズリはもはやスタンダードプレイの一つですが、スマタにフェラチオ、それらの何気ないプレイでも、それぞれソープ独特の専門用語が付けられているのが面白いポイントです。
例えばシックスナインは風見鶏、オッパイを男性客に当てる行為は富士落とし、男性客を四つん這いにして下に潜り込みアナルを刺激するのが金の鯱などなど……。ソープの奥深さを垣間見ることができる、女性が繰り出す最高の性技たち。

ベッド、浴槽内でも彼女たちのホスピタリティの良さには感心しますが、ソープにおけるマットプレイは自宅では到底出来かねるヌルヌルマット、そして講習と自己練という反復を繰り返して初めて手にするマット技の数々を身をもって体験できる唯一無二の場所。

また料金は上がってしまいますが、ソープ嬢2人による最高の3Pマットプレイはまさにこの世の楽園。一人が本番行為を生で楽しみながら、もう一人の女性はお客の足を胸に押し当てアメンボプレイなどなど、それは様々なソープならではのクリティカルプレイをマットの上で楽しめることでしょう。

風俗通が語る本番よりもイイマットプレイのよさ、ぜひ味わってみてくださいね。

  • 前の記事