1. Index Index
  2. 記事一覧
  3. 側位で素股をする3つのメリット

側位で素股をする3つのメリット

その他

素股には色々な種類があります。
女性が四つん這いになった状態で後ろから責めたり、立ったまま行ったり、その時の流れで色々なやり方を楽しむことができます。
しかし、やり方によっては女性を愛撫することが難しかったり、体力を使う姿勢のために途中で疲れてしまったり、2人の体格が合わずやりにくかったりと、思うようにいかないケースもあります。やり慣れていない初心者にとっては、なおさら難しく感じることもあるでしょう。

そこでおすすめなのが、側位です。
側位とは、男性と女性が寝そべった状態でプレイすることです。この体位には3つのメリットがあります。

まず1つ目は、密着感があることです。
横になっている相手にそのままくっつきますから、ほぼ身体の半分を密着することができます。イチャイチャしたい時にはもってこいですし、女性にとっても愛を感じることができるので、精神的な満足感を得られます。
また、小さな声で話しかけても耳元なら十分聞こえますので、小声で愛を語らいたい時にもおすすめです。

2つ目は、女性の様子をじっくり観察できることです。 四つん這いバックなどですと、自分が動くのに忙しくて相手の様子を感じている余裕がありませんが、側位なら相手の身体に密着しているのでその反応を逐一確認できますし、喘ぎ声もよく聞こえますよね。

3つ目は、疲れにくいということです。
ほとんど寝ている状態ですから、余計な体力を消耗しません。
そのため、プレイの終盤で疲れている時や、身体がだるくてあまり動きたくない時、長時間プレイを楽しみたい時にもおすすめです。
激しいピストン運動はできませんが、お尻のあたりに腰を押し当てれば、自然とペニスが相手の陰部を刺激します。ですので、緩やかで持続的な素股が可能となります。
ただし、激しいピストン運動ができないと、勃起が続かない場合もあります。
いくら体力が温存できても、勃起しないとただくっついているだけになってしまいますよね。
その場合は、女性のおっぱいやクリトリスなどを愛撫すると、性的興奮を感じて再び勃起してきます。女性にとっても同時責めはとても気持ち良く、勃起が収まってもそのことに気付かない場合もあります。

あるいは、女性の片足を上げて攻めるという方法もあります。片足を上げて横から攻める状態を「反り松葉(そりまつば)」と呼びます。
足を上げることで動きやすくなり、刺激の度合いを変えることもできます。
正確には側位ではありませんが、すぐに移行できる体位ですので、側位でやりにくいと感じたらこの体位にしてみましょう。
反り松葉はバックや正常位など他の体位に移行しやすいというメリットもあり、他のプレイと組み合わせることも可能です。

また、女性のクリトリスの位置によっては、後ろからじゃなく前から素股した方がよいこともあります。
女性によって、クリトリスの位置がお腹に近い場合と、お尻に近い場合があるのです。
当然、前方にクリトリスがあれば、前からペニスを押し当てた方が強い刺激を感じます。
また、前からですと抱き合うようにプレイするので、より愛を感じることができるでしょう。

初心者でもやりやすい体位ですので、素股に慣れていないからはまずは側位から試してみてはいかがでしょうか。

  • 前の記事