1. Index Index
  2. 記事一覧
  3. スケベ椅子って何?

スケベ椅子って何?

ソープ

ラブホテルへ行ったとき、変わった形の椅子を見かけたことはありませんか?良くあるプラスチックの風呂椅子のようですが多少脚が長く、座面の中央がぱっくり割れて溝になっていて見ている限りではなんとも不安定そう。溝の中に鏡がしこんであるものなんかもありますが、あれが「スケベ椅子」と呼ばれるものです。

座ったときにちょうど股間部分に当たるところが溝になっているので、チンコや玉のうら、アナルまでスースーするような感じがしますよね。それが目的なのです。
もともとはソープ嬢がお客さんを座らせた状態のまま陰部も綺麗に洗うために作られたもののようですが、最近ではいろんなエロい利用方法が考案されています(笑)

まずは、正しい使い方。陰部を洗う際に腰掛けます。自分が座って、女の子に後ろから陰部を洗ってもらうなんていう事も可能です。チンコを洗ってもらっている間に気持ち良くなってしまって腰砕けになってしまうなんていう状況でも、この椅子に座っていれば安心です。また、女の子に座ってもらったままアソコをいじらせてもらうなんていうのも良いでしょう。お互いに洗いあいっこをするにも、いちいち立ったり座ったりするのは煩わしいですよね。かと言ってお互い立ったまで体を洗えるスペースが無い場合等には座ったほうが楽ですから、この椅子があるととても便利です。

次は、もうちょっとエッチな遊び方。デリヘルの場合でも店舗型の場合でも、オプションでオトナの玩具を利用することが出来ます。どんな玩具を用意しているかはお店次第なのですが、中にはお風呂で利用できるおもちゃを用意しているところもあります。防水になっているものであれば、水をかぶっても安心なのでお風呂でイチャイチャしながら楽しむことが出来るのですが、これまた立ったまま利用すると女の子が危ない場合もあるので浴槽の淵に座ってもらったりして使う事をオススメします。しかし、これではおもちゃをいれた様子が見えませんよね。そんな時にはスケベ椅子が役立つのです。例の溝の部分から覗き込むこともできますし、鏡が仕込まれているものであれば覗き込むことなどせずそこに映し出されてしまいます。こうして見えた様子を女の子に伝えてあげれば興奮を誘う事もできるでしょう。

これは完全に余談ですが、介護を要する家族が居る方が、お風呂の介助の際に楽だからと購入するケースがしばしばあるそうです。最近では某大型ECサイトでも「介護風呂イス」として販売されています。
また、芸能人の方がネタとして自宅のお風呂においているなんていう話も聞いたことがあるので、案外個人で持っている人も多いかもしれませんね。

使い方がわからないとイマイチ盛り上がりに欠けるアイテムだと感じてしまうかもしれませんが、使用方法はかなり広いと思いますので、いろんな使い方にチャレンジしてみてください。

  • 前の記事