1. Index Index
  2. 記事一覧
  3. 初めてソープランドで遊ぶ前の基本知識

初めてソープランドで遊ぶ前の基本知識

ソープ

ソープランドは風俗の中で最もできることが多いことから「風俗の王様」と呼ばれています。できることが多い分料金相場も一番お高めですが、何よりも挿入(本番とも呼ばれます)ができる唯一の風俗なので人気はずば抜けています。

ソープランドは法律上は公衆浴場という扱いになっていて、ソープ嬢はあくまでも入浴補助としての在籍です。そのため昔からのソープランドや地域によっては、お店に入るための「入浴料」と入浴補助をしてもらう「サービス料」が別で表示されていることがあります。

以前は入浴料はお店へ、サービス料は直接女の子に渡すシステムが多かったですが、最近はHPにバラバラで書いてあったとしてもお店に聞けば総額料金を教えてくれ、どちらもまとめてお店の受付で支払うことがほとんどです。

総額の相場は一般レベルのソープで60分22,000円前後ですが、お得に済ませたいなら格安ソープで15,000~18,000円、少しいいソープで遊ぶなら30,000円くらいが目安になります。

ここでソープランドの料金についてちょっとした豆知識。ソープランドは店のHPを見て予約するよりも、風俗情報サイトやソープランド情報サイトをチェックして、クーポンや情報サイト特典などがないか見てから予約するのがベストです。場合によっては2,000円引き、指名料無料、オプション無料などお得になりますよ。

さて、今度はプレイについてです。ソープランドが他の風俗と違うところは、挿入の有無だけでなくその他のプレイ内容にもあります。特にお風呂場での「スケベ椅子」と「マットプレイ」、お湯を張った湯船での「潜望鏡」はソープならではのサービスです。

スケベ椅子とは性器やアナルを洗いやすくするため、股の部分に腕が入るほどの凹みがある椅子のことです。ソープ嬢が客の体を洗うついでにいじわるしたりと、シャワータイムをただの体を洗う時間ではなくプレイタイムとして楽しむことができます。

次にマットプレイは、ベッドマットほどの大きさの、空気を入れたビニールマットの上で前戯や挿入を楽しむプレイです。温かいローションをマット全体とお互いの体につけ、ソープ嬢が体を滑らせながら色んな所を愛撫してくれます。マットプレイを行っている店やコースでは、シャワー後そのままマットで一旦フィニッシュまで行うことが多いです。その後ベッドに移動して第二回戦ってわけです。

最後に潜望鏡ですが、潜望鏡は湯船で客が腰を浮かせて水面から性器を出し、それをソープ嬢がフェラするというプレイです。他の風俗では湯船自体を使わないことが多いので、これもソープに来たなぁ!と実感できるプレイの一つですね。

ソープランドがどんな風俗なのか、他の風俗と何が違うのか、どんなことができるのか、ざっくりではありますが説明してきました。男なら一度は経験しておきたいソープランドの世界、今からでもすぐに飛び込んでみて下さいね。

  • 前の記事